wdcro HTML Template

操体 TEI-ZANご案内

操体の臨床(施術)、操体の講習、どちらも可能です。

からだとイノチがよろこぶきもちよさを伝えたい・操体

操体を単なる治療法の一つや、身体運動のメソッドとしてとらえるのではなく「快適感覚でからだと心が変わる」という、
素晴らしい芸術に出会った時のような感動を味わっていただきたいと思っています。

直感力・原始感覚(快か不快かききわけるちから)を磨く

また、当研究所では操体の講習(一般・専門家向け)も行っていますが、

受けていただく場合には、わかりやすく、
学んでいただく場合には、しっかりと、というのがポリシーです。

私自身が習得している操体一覧です。
(赤枠内の「迷走分析」は、当然のことながら、やりません)

%e6%93%8d%e4%bd%93%e4%b8%80%e8%a6%a7%e6%ad%a3%e9%ab%94%e8%a1%93%e6%8a%9c%e3%81%8d

 

★クリックすると拡大します

 

操体の効用・適応症

からだに関する悩みを解消、パフォーマンスの向上に貢献します。

  • 姿勢
  • 「きもちよさでよくなる」という体験と共に原始感覚を磨き、豊かな感性を育てます。


「息食動想」の、最小限必須責任生活のバランスから原因を究明し、対症療法的にではなく、根本原因から調整してゆきます。セルフメンテナンスも可能になります。

操体は仙台の橋本敬三医師が創案したものです。
約50年にわたって、流行にとらわれることなく浸透しています。
なお、橋本敬三先生の意志に従って、愛弟子、三浦寛先生が、操体を深化・進化させています。
老舗や定番商品ほど、時代に応じたマイナーチェンジや、新たな試みを取り入れていますが、操体はそのようにしてバージョンアップを続けています。

「きもちのよさでよくなる」「からだが変わる」というのは、誰もが味わうことができる素晴らしい体験です。


専門:操体の指導(施術)、講習(一般、専門家向け)
現在、西葛西、三軒茶屋で施術・講習開催。
1995年10月開業操体の創始者、橋本敬三先生の愛弟子、三浦寛先生に師事。
師範代証号「敬裕」拝名
最高の環境で操体を学び、現在も学び続けています。

  • 操体に関する最新情報提供、啓蒙を積極的に行っています


ブログ 操体法大辞典 

〒134-0088 東京都江戸川区西葛西2-22-38-217
TEL: 03-3675-8108
e-mail: sotai@teizan.com

★メールでのご質問等の場合は「お問い合わせフォーム」からどうぞ。
ご氏名、ご連絡先が無記名の場合は、お返事いたしかねる場合があります。

 

所長
畠山裕美(裕海) (Hiromi Hatakeyama)
操体法東京研究会にて、三浦寛先生から師範代の証号を受けている者は
現在日本に3名しかおりません。そのうちの一人です。

プロフィール(こちらへ)


屋号の由来
仙台を拠点として東北を統治した伊達政宗公の兜がモデルです。
畠山(はたけやま、という名字自体が宮城に多い)は東京品川生まれですが、
親類縁者のほとんどは仙台にいるという宮城っぷり(幼少時より歴史好き)。
操体の発祥の地が仙台というのも不思議な御縁です。
さらにTEI-ZANという屋号は、伊達政宗公の諡号
(生前の言業をたたえて死者に贈る名前)「貞山公」からいただいています。
「瑞厳寺殿貞山禅利大居士」


瑞鳳殿

 

操体プラクティショナー
という言葉を創案しました(1999年)。
1999年までは「貞山療術院」(ていざんりょうじゅついん)という名称でしたが、
全国操体バランス運動研究会が東京で開催されたのをきっかけに
「操体プラクティショナー TEI-ZAN」に改めました。
なお、現在「操体プラクティショナー」は、一般社団法人日本操体指導者協会の認定資格となっています。


操体医科学研究所
操体の師匠、人体構造運動力学研究所 三浦寛先生に命名していただきました(2004年)

操体法東京研究会

橋本敬三先生が顧問をなさっていました。

日本の操体専門指導者の殆どは(私もそうですが)
操体法東京研究会の定例講習を受けています。

橋本敬三先生から「東京で開業しなさい」という命を受けた、
私の操体の師匠である三浦寛先生が、東京で操体専門の講習を開始が30数年前になります。

橋本敬三先生は、定例講習はなさっていませんでした。
「東京に弟子の三浦がいるから、そっちに行け」と
 おっしゃったそうです。
また、橋本敬三先生はご存命時、操体法東京研究会の顧問をされていました。

ご存命時は、受講生が講習を終えると、
仙台から受講生宛メッセージを送って下さっていました。



操体を受ける、あるいは習うのだったら、その先生から数えて二代遡った先生が、
操体法東京研究会の出身者であれば、本を読んだだけとか、ちょっと習っただけではないでしょう。

カルトの教祖の特長は「師匠がいない」ことなのだそうです。

操体も、師匠を持っている先生をお選び下さい。

Profile

代表 畠山裕美  Hiromi Hatakeyama (はたけやま ひろみ)
   ペンネームで「畠山裕海」を使うこともアリ。

三浦寛先生と。

small20130910hiromiphoto1_pp

愛猫ととこ(2012年12月永眠)と。

(撮影:白井智氏)

ととこは、2016年10月発売のに登場します。

HiromiHatakeyama

白井智氏撮影 「うかたま」に掲載の写真

さすが、プロの撮る写真は違います・・・(汗)

文部科学大臣認定公認スポーツプログラマー、
健康運動指導士、 感覚分析診断診断士第101号、運動療法士
一般社団法人日本操体指導者協会代表理事、東京操体フォーラム理事
 2012年「師範代」証号を受ける

※操体法東京研究会において、三浦寛師から師範代の証号をいただいている者は
現在4名、その中の一人です。

1980年代~以前

東京都品川区戸越生まれ。

幼児期は「人体図鑑」と「魚類図鑑」に熱中していた。
小学生時代、父親が会社の保険組合からもらってきた「足の裏反射療法」
(リフレクソロジー)の本を読み、実践。

 
小6の時、内藤景代氏(沖ヨガ、沖雅弘師の高弟)のヨガの著作を読み、実践。
タロットや魔術に興味を持つ
高校時代、「別冊宝島 東洋体育の本」で操体を知る。
その後大学進学、専攻は英文学。19世紀末の幻想文学やオカルト。

23歳の時、幽体離脱を体験する。
卒業後は外資系企業に勤務。
東洋医学関係への興味が深まる。太極拳を習う。

父の死をきっかけに、手技療法家への道を歩むことを決心。
 
1990年代
「操体法治療室」(三浦寛、今昭宏共著)を読み、操体を本格的に学べる場所を探す。
同時に、ナショナル整体学院にて手技療法全般を学ぶ。

この時、小林完治先生に操体法の特別講議、指導を受ける。

また、この時期触診をしまくる。これが後の「視診触診教室」に繋がる。
外気功の先生にスカウトされ、外気功(医療気功)を学ぶ(免許皆伝)。
 
1995年 貞山療術院開業、開業当事より操体専門。
 
1998年 ホームページ開設。
一般向け、専門家向け講習開 
操体プラクティショナーTEI-ZANに改名(1999年)。

1999年  処女作「ふわ、くにゃ、すとん!操体法」出版。操体の講習を開始する。
 
2001年 東京操体フォーラム設立メンバーとして参加。実行委員、理事を経て常任理事
 
2001年 三浦寛師に正式に入門
 
2004年 三浦寛師より「操体医科学研究所」の屋号をいただく。操体法東京研究会定例講習のサブ講師、集中講座の講師をつとめる。
 
2010年 一般社団法人日本操体指導者協会設立、代表理事就任。9月 Sotai Forum in Madridにて、「操体の歴史」というタイトルで講演。

2011年  Sotai Forum in Madridにて講義。
日本統合医療学会北海道支部会にて三浦寛師と共に講演

2012年  三浦寛師より、師範代の証号を受ける。「敬裕」。
 
2013年  Sotai Forum 2013 Valencia にて講義。
 
2014年  操体エヴァンジェリスト(伝道者)として活躍中。視診触診講座開始。
       
2015年  伝統療法カンファレンス2015(南会津)に参加

 2016年   引き続き操体の修業中。伝統療法カンファレンス2016に参加
 
得意技 足趾の操法(指導担当)、触診、首周辺。
 
著書
「ふわ、くにゃ、すとん!操体法」(モダン出版)1999年
★訂正箇所がありますので 「自著を斬る!」をご覧下さい。
「快」に特化した動診と操法を
学ぶ前に書いたものです。
 
「操体法 ~生かされし救いの生命観~」 三浦寛、今昭宏、畠山裕美共著(たにぐち書店)2006年
 

その他

東京操体フォーラム 理事
一般社団法人 日本操体指導者協会 代表理事

ISIS編集学校第6期「紫ねこ教室』師範代

銭湯検定4級 今年は上級に挑戦したい

趣味

三浦寛先生に「お前のワザは世界に通用する」と言われたのは(勿論操体もね)「猫の爪切り」です。初対面の猫ちゃんでも切ります。

勿論 操体。
読書は乱読主義。ビジネス書から小説、マンガまで何でも読む。紙媒体に限らず電子書籍、携帯コンテンツも読む。
パソコンは1995年からのMac派。

スティーブ・ジョブズがMac Expoで来日時、基調講演を聞きに行ったくらいMac派。

最近はカメラに凝っており、ついにデジイチに手を出した。Canon愛用。OLYMPUS AIRにも手を出した。
一般社団法人日本アート教育振興会認定 アートフォト認定講座一級取得
歴史と神社仏閣散策。

幼少時からタロットをやり、数秘術を学ぶ。
易の修業を積んでいる(周易・断易)。占筮家でもある。

 

両親が気仙沼、仙台は親戚たくさん、小学生の頃からの歴史マニアで、伊達政宗公は子供の頃から好き。TEI-ZANという屋号も実は政宗公の諡号、貞山公からいただいている。
仙台には結構よく行くが、瑞鳳殿には必ず参拝する。
操体発祥の地が仙台というのも前世からのご縁のような気がする

 

好きな音楽 ハードロック、ヘヴィメタル。
KISS, Def Leppard, Cinderella など。

猫には目がない。