wdcro HTML Template

臨床とリラクゼーションの違い

操体は医師が創案したものであるから、「診断」と「治療」が必ず存在する。

操体を学びに来る方々をみていると、最初は「治療法」(やり方)を覚えればいいんだろう、
と思っているようだが、学びが進むにつれ、診断(分析)の大切さがわかってくるようだ。

つまり、いくらテクニックがあっても、
診立て(診断・分析)がなっていないと思うような結果が出せないからである。

一時期は「整体院ブーム」で、整体院をよく見かけた。
最近はリラクゼーションサロンが増えている。
何をやっているのかというと、様々なヒーリングをやっているのである。

私は勿論ヒーリングを批判するつもりはない。
自分も外気功をやっていて、修めているからである
(今は気功治療はやっていません。念のため)。

★世の中のリラクゼーションサロンと、臨床のどこが違うかと言うと、
「診断するかしないか」である。 

ある指圧関係の本に『診断を伴わない指圧は単なる慰安行為である』と書いてあった。
指圧の学校でも「経絡は関係ない」と、単に押すこと、つまり診断抜きの慰安行為としての
指圧を教えているところが多いそうだ。 


肩が凝った、といわれて「ハイ、凝ってますね~」と肩を揉むのは
「慰安」(あるいはリラクゼーション)である。
何故肩が凝っているのか、その原因をつきとめ、
治療計画をたてるのが「臨床」である。


その原因は、肩ではなく、足首かもしれない
橋本先生の本にも、肩こりは足首の処置でよい、と書いてあるものがある。

確かに、多くの方は、「あの、痛いのはそこじゃないんですが」というが、
実際痛み(症状疾患)が起こっているところは、あくまでも「結果」にすぎない。
そこが痛いから悪いのではないと診るのである。

その原因は、息食動想のアンバランスから来ているから。
それに対してアドバイスをするのが私達操体プラクティショナーである。

世の中の人の多くは「慰安」と「臨床」の違いには
余り気づいていないのだが、この2つは似ているようで似ていない。 

なお、操体は劇的に効果がみられる場合もあるが、
やさしく、漢方薬的なのが大凡の特長である。