wdcro HTML Template

操体・操体法とは

追記。

「操体をやっています」というと、ほぼ100%の方に「整体と違うんですか?」と聞かれます。

操体と整体は違います。

その違いは「操体と整体の違い」をご覧下さい。

 

簡単に言えば、「悪いところ、痛いところを動かすのが整体」「いいところを動かすのが操体」です。

 

操体、操体法とは、仙台の橋本敬三医師が(1897-1993)が昭和初期頃様々な民間療法を試しているうちに、高橋迪雄(みちお)氏の正體術矯正法に巡り会い、そこから医者としての立場から医学的な認識に基づいて創案・体系づけたものだ。

橋本敬三医師が実際日々の治療として行っていたものを「操体法」、治療以外の橋本医師の思想、哲学、生命観、死生観を含めたものを「操体」と呼んで区別している。


操体には『診断』と『治療』というステップがある。これは『分析』と『操法』と言ってもよいのだが、まず、治療(施術、操法)の前に、必ず『診断』(分析)を行う。動かしてみて感覚の分析を行うのである。
これが操体独自の分析法『動診』の特徴である。

人間のからだは構造(ツクリ)があって、そしてそれが動く。
その形態がバランスを崩し、ボディに歪みが生じると、それが多種多様の症状疾患の原因となる。

それを正すことによって、健康を取り戻す。あるいは健康維持増進に役立て行くのが操体であり、ボディの歪みを正すには、「原始感覚」(快か不快かききわける、あるいは感じ取る能力)に、委ねることである。

原始感覚を磨き、感じ、快適感覚をききわけ、味わうというプロセスをたどる。
つまり、『きもちのよさ』をききわけ、操つり、そして味わうことそのものが治療なのである。


それでは、なぜボディが歪むのだろうか。操体の基本となっているのが「息食動想」のバランス、という考え方で、これは息(呼吸)、食(飲食)、動(身体運動)、想(精神活動)のことを指している。

世の中には、呼吸法の専門家、あるいは食養の専門家、身体運動の専門家、心の問題の専門家が存在するが、操体はそれらを別のものとして見るのではなく、この4つの働き(営み)を総括して『最小限責任生活必須条件』と呼んでいる。この4つの営みは自律可能で、人間が生きていくために、他人には代わってもらうことができない生活法則の営みである。

これらのことは、自己責任によってコントロール(自律)する必要がある。

また逆に言えば、これらの営みは、自律可能なことでもある。この4つの一つでもの営みは、『同時相関相補連動性』になっている。つまり、お互いにバランスをとっている関係にある。どれかの働きが悪くなると他も悪くなる、逆にどれかが良くなると他も良くなる、という関係である。この4つのバランスが崩れると、ボディに歪みが発生する。

操体では、全ての症状疾患にボディの歪みが存在するという考えがあり、このボディの歪みを正すことによって、からだ自身が持っている、治せる力、良くなる力をアップさせる。

その、からだが治す力が前述の『きもちのよさ』なのである。この『きもちのよさ』(快適感覚)については、後程ページを割いて説明する予定である。 


この営みの『動』には、『身体運動の法則』という、からだの使い方、動かし方のルールがある。そのルールに反すると、からだを窮屈に使うことになってしまい、ボディの歪みにつながってくる。
この身体運動の法則に従った、からだの使い方、動かし方を学ぶことが、操体の基本の一つである。

それは、ルールに従わないで闇雲に『頑張る』という根性論ではなく、からだの構造(ツクリ)に適った動きを体得し、パフォーマンスの向上に繋げよということである。これが鍛錬とシゴキの違いである。橋本敬三医師は『頑張るな、威張るな、欲張るな、縛るな』という『バルの戒め』を残している。頑張らないということは決して怠けるという意味ではなく、法則を知って、それに則った最短コースを学び応用せよというのである。

この「身体運動の法則」は、からだの使い方をシンプルに示したもので、あらゆる身体運動の基礎に通じる「もと」である。この法則に従い、実践するということは、あらゆる身体運動能力の向上に結びつく。

『息』呼吸をすれば、横隔膜、筋骨格系が動く。
食(飲食)については、人間の歯の数からその食生活を読むことができる。
『想』(精神活動)に関しては、人それぞれの心持ちが姿勢に現れるように、ボディそのものの姿にも精神活動は深く関わっている。
これは言葉を統制することによって、心の平静を保つことを勧めている。
これは『言葉は運命のハンドル』と言い、その人が自ら発する言葉によって、現象を生みだし、その運命が決まってくるという考え方でもある。

 

からだが病んでいる時、あるいは調子が悪い時に『明るく大らかに生きましょう』と言われてもなかなかそんな気にはならないものだが、言葉を統制することによって、言葉の上から心の波動をよい方に向けていくという試みが成せるのである。


文責 畠山裕美 監修 三浦寛(無断転載を禁ず)